イサキ煮付け(コチジャン入)

イサキ 2匹

だし汁 8CUP

牛蒡 3本

A調味料

酒  2/4カップ

みりん 大さじ4

砂糖 大さじ2

しょうゆ 大さじ6

コチュジャン 大さじ2

作り方

ゴボウはよく洗ってささがきにし、水にさらしてからザルに取り水気を切っておく。

鍋にだし汁とAの調味料を煮立て、ゴボウを入れ沸騰したらイサキの切り身を入れる。

イサキに火が通り過ぎないところで火を止め、蓋をしたまま少し時間をおいてから、お皿に盛り付けます。

鍋を他で使ってたから、今回は土鍋で炊きました。

しかし、土鍋の方が良いのかな。

油淋鶏

鶏もも肉 2枚(塩小さじ1/2 こしょう少々)

レタス 2~3枚

長ねぎのみじん切り 適量

しょうがのみじん切り 小さじ1

大蒜のみじん切り 小さじ1(次の日仕事なら辞める)

水 大さじ2

酢 大さじ2

しょうゆ 大さじ2

砂糖 大さじ2(少し量を加減)

ごま油 大さじ1

●片栗粉、油

鶏もも肉は余分な脂身をとり除き、一口大に切り、塩、こしょうをふり、15分ほどおいて下味をつける。

レタスは1cm幅に切り、冷水につけてパリッとさせる。

ボウルに香味ソースの材料を混ぜ合わせる。

揚げ油を170℃に熱する。

①の鶏肉に片栗粉をまぶし、皮目を下にして揚げ油に入れ、香ばしい色がついて七分通り揚がったら、返して中まで火が通るようにカラッと揚げる。

レタスの水気をきって器に盛り、④を熱いうちにお皿にのせ、香味ソースをかける。

😊

タレのついたレタスも、美味しいよ。👌

インドカレー

簡単なのに本格!

「インドカレー」

火曜日のカレー

保存したいレシピ

2017年7月16日

カレーじゃなく、かれーだわ❓

材料(2~3人分)

香味野菜

・玉ねぎ…1個

・りんご…1個

・にんじん…1本

・しょうが…1かけ

・にんにく…1かけ

鶏もも肉…1枚

クミン(粒)…大さじ1

サラダ油(オリーブオイルでも可)…大さじ2

トマト…小5個、大なら1個

※トマト水煮缶ならダイスカット1/2缶

ローリエ…1枚

カレー粉(=カレーパウダー)…大さじ2

顆粒コンソメ…大さじ1 ※粉末スティックなら1本

ソース…大さじ3

※ウスターソースなどで

トマトケチャップ…大さじ3

あればガラムマサラ…適量(大さじ1くらい)

作り方

① 香味野菜をすりおろす

にんじんとりんご、しょうがは皮つきのまま。

玉ねぎ、にんにくは皮をむいてから、すりおろす。

👆

前後にではなく『の』の字を書くように野菜を回しながらすりおろす。

② すりおろした香味野菜に、鶏肉を漬け込む

鶏肉は煮ると縮むので大きめの6等分に切って、香味野菜に30分くらい漬け込みます。

一晩おいてもOK。

③ クミンを炒めて香りを出し、トマトを加える

鍋にクミンとサラダ油を入れてから、中火で炒めます。

クミンの香りが強く出てきたら、刻んだトマト(皮つきのままでよい)を加えて、しんなりするまで炒めてください。

④ 鶏肉を香味野菜ごと加える。

②の鶏肉を香味野菜ごと

③の鍋に加え、軽く混ぜながら中火で10分ほど加熱します。

鶏肉の表面が白く色が変わるくらいまで火が入ったら、ローリエとコンソメを加えます。

ローリエの葉は、葉脈を切るように数か所ちぎってから加えると、香りがしっかりと引き出せます。

⑤ 半量になるまで煮詰めたら

カレー粉を加える。

中火にかけて、全体の量が半分くらいに煮詰まるまで絶えずヘラで混ぜ、鍋底が焦げつかないようにします。

煮詰まってきたら、カレー粉を加えます。

全体がなじんでカレー粉のダマがなくなるまで混ぜます。

⑥ トマトケチャップとソースを加えて、味をととのえる。

火を止めてから、好みでガラムマサラとこしょうをふって完成です。

水は使わなかった。

翌朝は、パン🍞にのせても大丈夫なカレーでした。

踏み出そう

踏み出そう

踏み出しました。

先週の火曜夜中。

ガレリア教室から帰り、お風呂に入って、ゆっくりした後、もう寝ようかという時間になって…。

ムクムクとやってみたいと思っていたことをやりたくなった。

しかし今から❓…もう23時半。

いや、やるんだァ〜。

それから雨の庭に出てパセリをちぎり、玉ねぎの微塵切り。

半熟卵から固茹での間くらいの卵をこさえてタルタルソースをつくり。

タルタルソースを塗ったパンに🥚卵を半分に切り、ノセルのせる。

パン🍞で挟み、ラップで包み冷蔵庫へ。

デビルサンドを作りました。

水曜の朝に珈琲と共に。

この写真、あんまり美味しそうに見えないけれど美味しかったっすぅ。

想像どうり、お腹にはきついです。

作り方はスマホで、いっぱい出てくる出てくる出てくるわ。

豚の生姜焼き

豚の生姜焼き

最近の生姜焼き

生姜焼き用豚に塩・胡椒をふり小麦粉をふる。

フライパンに油をひかずに、豚を入れる。

わりと我慢するくらいに、色よい具合に両面焼く。

フライパンに出た油をキッチンペーパーで拭き取る。

酒・味醂・醤油を入れる。

調味料を絡める。

生姜をすってフライパンの中に。

野菜たっぷりの上にのせる。

チキンカレー

玉ねぎ4個

バター適当

鶏モモ肉600g

水ナベにヒタヒタ

🍀生姜汁小さじ 1

🍀ニンニクすりおろし適当

🍀カレー粉好み

🍅トマトホール缶1

塩適量

😊

🍛玉ねぎをスライス

🍛鍋にバターと玉ねぎを入れて強めの中火にかけて、しんなりとするまで炒める。

🍛鶏肉を加えてさっと混ぜる。

🍀を加えて、煮立ったら弱火で30分ほど煮込む。

🍛ホールトマトと塩を加え30分煮込む。

トマトときゅうりのマリネ

美味し〜かった。

🍅トマト3~4個

🥒胡瓜3本

マリネ液

お酢・大さじ5

砂糖・大さじ5

オリーブオイル・大さじ2

塩・小さじ2

胡椒・私はたっぷりめ

作り方1トマト・胡瓜は乱切り

2マリネ液の材料をよく混ぜ🍅🥒を漬ける。

3冷蔵庫で30分以上漬けて冷やす。

途中でまぜまぜする。

にんじん🥕と鶏手羽のスープ

にんじんと鶏手羽のスープ

最近はまっている。

バーミキュラ。

バーミキュラとは、鋳物ホーロー鍋のこと。

1年待ちで買った鍋だったけれど、レシピがあまりなくて。

最近、レシピ本が出回るようになり、納屋から、またバーミキュラが登場したわけです。

昨日は、バーミキュラで濃縮な味の八宝菜が出来ました。

今日は、にんじんと鶏手羽のスープ。

丸ごと一本のにんじんが主役。

じっくり時間をかけて煮て、しんまでやわらかくなればでき上がり。

にんじんそのものの味が堪能できます。

にんじん・3本 玉ねぎ・1個

鶏手羽・6本

セロリ・1本

黒胡椒・小さじ1

ローリエ・2枚

塩・胡椒

鍋ににんじん、玉ねぎ、鶏手羽、セロリ、黒胡椒、セロリ、ローリエを入れ、かぶるくらいの水を注いで火にかける。

あくを丁寧に引き、蓋をしてにんじんがすっかりやわらかくなるまでごく弱火で煮る。

塩・胡椒で味を調える。

煮込み時間は約30分ほどでした。

巻かないロールキャベツ

キャベツ・1/2個

 

合いびき肉300g

玉ねぎ・1/2個

塩・小さじ2/3

こしょう・少々

水・4・1/2カップ

コンソメ」固形タイプ・3個

キャベツは芯を切り取り

中心部分を数枚はがして空洞を作る。

はがしたキャベツはザク切りにし

玉ねぎはみじん切りにする。

ボウルにひき肉を入れ、塩・こしょうをしてよく練り

玉ねぎを加えて粘りが出るまでよく混ぜ合わせて

タネを作りのキャベツの空洞部分に詰める。

鍋に、ザク切りにしたキャベツを敷き

ひき肉キャベツを切り口が下になるように置く。

Aを加えて落としぶたをし、火にかける。

煮立ったらアクを取り

中火~弱火にして20~25分ほど煮る。

ロールキャベツを鍋からフライ返しなどを使って

大きの皿に取り出し

4等分に切って

器に盛りスープを注ぐ。

大きい鍋を使用の場合は

水と「コンソメ」の量を増やしてお作りください

(水300mlに対し、コンソメ1個が目安です)

鍋からロールキャベツを取り出す際はフライ返しを鍋底

しっかり入れて取り出してください。

やけどにはご注意ください。

ザク切りしたキャベツはスープとともにお召し上がり下さい

秋茄子と玉ねぎのアンチョビ

20170920-213803.jpg

オリーブオイル大さじ3杯と赤唐辛子を入れたフライパンを火にかけ
茄子と玉ねぎを焼く。

空いたフライパンに
オリーブオイル大さじ2杯と
アンチョビを入れ弱火にかける。
胡椒をふる。
➕グリーンオリーブ塩漬けをアクセントに。
休み前日ならニンニクを入れます。

まさに、酒の肴のお味でした。
赤ワインなんかがよろしおす。

トマト🍅オクラの麻婆

いっきにできるトマトとオクラを使って

暑いから、朝から煮込み料理はやってしまいます。

トマト 中2個
おくら 6本
豚挽肉 100g
玉ねぎ 適量
にんにく 2分の1片
生姜 

☆水 100cc
☆鶏がらスープのもと 小さじ1
☆しょうゆ 大さじ1
☆甜麺醤 大さじ1
☆豆板醤  小さじ 1
☆みりん 大さじ1
☆酒 大さじ1
☆砂糖 ひとつまみ

ごま油 

🍅

生姜・にんにくはみじん切りにする 

トマトはざく切りにする

☆の調味料を合わせる
おくらは塩で板ずりをしてひげをとり5mmくらいの厚さに切る

ごま油をフライパンに敷き、にんにく、しょうがを香りが出るまで炒める

挽肉を色が変わるまで炒める

☆の材料とトマトとおくらと玉ねぎを入れて、お好みの汁気になるまで煮込み、醤油などで味を調節

胡瓜…

20170802-175312.jpg

胡瓜をきゅうりのきゅうちゃんにして食べる

毎日暑い〜ね。

たくさんのゴロゴロした胡瓜を、きゅうりのきゅうちゃんにしたら、いけました。

レシピ
きゅうり
7本
しょうが
1片
★醤油
50cc
★酢
50cc
★砂糖
大匙2
1
きゅうりは5〜7ミリくらいの輪切りにし、ボウルにいれて、塩をまぶしてしんなりさせる
2
しんなりしたら流水でざっとあらい、水気をとる

3
フライパンに★をいれて一煮立ちしたら、きゅうりと生姜をいれる
4
色がかわってきたら弱火で3分くらい軽くにてフライパンで冷ます
5
容器にいれて冷蔵庫で冷ます

ゴマだれ

しゃぶしゃぶのゴマだれ

下記をまぜまぜします

すりごま 大1
醤油 大1
砂糖 大1
マヨネーズ 大1
酢 小1
酒 小1
味噌 小1
胡麻油 1/2
ラー油
唐辛子🌶

瓶だと残っちゃうから…ね。

賀茂なすの揚げ出し

20160726-201518.jpg

20160726-201553.jpg

分厚くて、なすステーキみたい。
切り方、大事なんだね。

賀茂なすの揚げ出し

材料 2人分
🔴賀茂なす🍆 1個
🔴九条ねぎ 1/2
🔴だいこん 1/8
🔴花かつお 5g(1袋)

旨だし
🔵だし汁 200ml
🔵みりん 30ml
🔵薄口しょうゆ 30ml
揚げ油

作り方
1️⃣
賀茂なすは上下を切り落とし、皮をしま模様に薄くむいて6等分のくし形に切り、水にさらして水気をきる。

2️⃣
九条ねぎは小口切りにして、水で洗っておく。

3️⃣
だいこんは皮をむいておろし、ざるに上げて余分な水気をきる。

4️⃣
1️⃣を170℃の油で薄く焦げ目がつく程度に揚げる。

5️⃣
旨だしを合わせて沸かし、旨だしを作る。
器になすを盛り、だいこんおろし、ねぎ、花かつおをのせて、熱い旨だしを入れる。

コブサラダ

20160611-191817.jpg

コブサラダ

レタスの上に順番に並べて
右から
トマト
パプリカ
チーズ
きゅうり
大蒜をレンジでチン
鶏胸肉に塩と胡椒をしてグリル
茹で卵
カリカリベーコン
アボカド
生ハム
アボカド
生ハム
上からパセリ

ネーミングの原点はハリウッドのレストランのオーナー、ボブ.コブさんが作ったまかないサラダ。
まかないサラダが原点のため、冷蔵庫に残っている素材を同じぐらいの角切りにして、混ぜないで素材ごとお皿に盛り付ける。

タイカレー

20151125-200505.jpg

タイカレー

寒くなってきました。
寒さもぶっ飛ばすタイカレー。
喫茶店でタイカレーがメニューにあるところが、ちょこちょこありますね。
2.3度かな?
注文したことがあります。
頭の中で、何故か…喫茶で食べる物だと何かしら決め込んでました。
⁇ 考えてみたら、作れるんちゃうん ‼︎
作れました。
以外に以外に簡単でした。
思い込みって、怖ーいねぇ〜。
ココナッツミルク、体にいいらしい。


鶏もも肉 2枚
茄子 2~3本
トマト 2個
いんげん 10本
赤唐辛子 1~2本
カレー粉 大さじ2 (s&bカレー粉)
ナンプラー 大さじ2
ココナッツミルク 1缶 400ml
塩・胡椒 少々
砂糖 小さじ 1/3


赤唐辛子の種は出しておく。
鶏肉は1口大に、茄子は1cm程度の輪切り、トマトはざく切りにする。
その他の野菜も食べやすい大きさに切る。
(もも肉の皮は、取りました)


フライパンにオリーブオイル大さじ2を入れ、赤唐辛子・鶏肉を入れて炒める。


肉の色が変わったら、トマト・茄子・お好みの野菜を入れて炒め、カレー粉を入れなじませる。


ココナッツミルクを加え、煮立ったらナンプラーを入れ、塩・胡椒・砂糖を入れて味を調えたら出来上がり!!

白菜と豚バラのミルフィーユ鍋

20151006-214150.jpg

白菜と豚バラのミルフィーユ鍋

少〜し、寒くなってきた夕方。
夕ご飯に白菜と豚バラのミルフィーユ鍋。
安く、簡単、美味しーぃかった。

材料

豚バラ肉 250g(しゃぶしゃぶの肉でもよい)
白菜 約半株

■ スープ
ウェイパー大さじ1
しょうゆ 大さじ1
酒 大さじ1
塩 小さじ2

■ たれ
大根おろし
ポン酢 (無くてもよい)

作り方

白菜は洗って一枚ずつ葉をはがし、葉、肉、葉と4回くらい重ねてから5センチ幅に切り、鍋に隙間なくぎゅっと詰めていく。
スープ用の材料をボウルに入れて水500ccを加えて混ぜて、先の鍋に注ぎ入れて蓋をして強火にかける。
沸騰したら蓋を外して弱めの中火にし、肉に火が通り白菜が透明になるまで煮込む。
ポン酢に大根おろしを混ぜてつけだれにする。
大根おろしだけでも美味しい。

タコとトマトのイタリアンサラダ

タコとトマトのイタリアンサラダ

ちょっと疲れが、溜まってるかな?
明日は休みという時に、ニンニクを使います。

材料

タコ
トマト
胡瓜
玉ねぎ

胡椒
ニンニク
オリーブオイル
バジル


お皿にタコ、トマト、胡瓜、玉ねぎを切りいれる。
バジルも。


ハーブソルト、胡椒をふる。


オリーブオイルでみじん切りにしたニンニクに火を通したら、お皿の材料にかける。

写真がない。
簡単すぎてごめんなさい。

焼き茄子

20150712-222037.jpg

焼き茄子


茄子を洗い、焼き網にのせ、ころがしながら強火で芯まで焼く。


焼いた茄子の皮をむく。


器に茄子を盛りつけ、かつお節、胡麻、葱、生姜の擦ったものをのせる。


素麺つゆの残りをかける。

ヘタのところに包丁を入れてと料理本に書いてあったから、昔はやってたけど…そんなの必要ない。

素麺つゆ

20150712-135054.jpg

醤油 1/3カップ

味醂 1/3カップ

水 1/3カップ

昆布 10センチ角

かつおぶし 10グラム

①鍋につゆの材料を入れて、弱火にかけ、一煮立ちしたら灰汁をとり火をとめる

②ザルに固く絞った濡れふきんをしいてこし、こし終わったらふきんを固く絞り、氷水をあてて冷やす。

濃い目だから、好みの味に薄める。

最近のコメント

ブログ投稿カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

華園画廊スライド

Gallery

平生 藝術は爆發だ 岡本太郎のことば kaenkyoshitsu_52 kaenkyoshitsu_60 明達 湖へ富士をもどすや五月雨 ありがと 松風水月 咲いていればそれで

過去のブログ