京都展が終わりました。

終わって、次が始まります。

今日は宿題の日だそうです。

⭐️一般部の社中出品者

西嶋華園

堅田青波

小野京園

鍋田菁佳

瀬瀧來織

小林瞳紅

中村葵永

濱井春採

片山杏羽

小畠朱真

桶紫月

山條瑶來

吉川栄舟

大島市葉

関本花歩

野木幸代

藤田千鶴

⭐️教育部 入賞者 おめでとう。

あやべ市民新聞社賞 〈ペン字〉 並河里咲

澄心斎賞〈半 紙〉 長江咲穂

学年賞 4年〈半 紙〉三宅優芽

学年賞 5年〈ペン字〉長江咲穂

辣腕

京都展の搬入日でした。

戀華書展から繋がってか、前回よりも社中からの出品点数が増えました。

嬉しいです。

搬出日に、私が作品を全部持って帰るのは無理だから、当番もあるし、作品を取りに来てねと出品者の方に伝える。

と…

私、書展に行けないから搬入日に行っていいですかと、大島市葉さん。

テキパキテキパキテキパキと動いてくれて、とってもとっても助かりました。

団体長になった來織さんは、表彰式係などなど担当になりました。

みんな、がんばってやりましょやりましょ。

京都展の準備

約2ヶ月後となった、京都展事務局準備が具体的にドドッと動き出しました。

賛助出品依頼

後援依頼申請準備、などなどなど。

おまけ…。

京都展を縮めちゃって、京展と言ってます。

私だけの中だけで。

マクドナルドを、マクド(関西)とか、マック(関東)みたいに。

社中の方!

出品してねー。

あなたは強い

よく咲きました。

薔薇も、ほぼ終わりの方。

小さなものを束ねて花瓶に。

物凄く風の強い日があって、結構な太い枝が折れました。

それでも咲くから、咲き終わるまで様子をみましたが、姿が残念なので、やっぱりカットしました。

緊急事態関係で、色々なこと変更、変更、変更で、てんてこまい。

社中のみなさんに、連絡はLINE・メッセージ・メール・電話。

連絡に、ほぼ半日かかります。

通信のこと、検定のこと、京都展のこと、戀華書展のことなどなど。

5月は添削返信に、ほぼ毎日郵便局へ足を運んだような。

6月は、会場関係、今のところお稽古ができることになり、なんとかよかったです。

いつもの花瓶が、どこかにいっちゃって。歩いては行かないけど…だから、ジョウロに。

士気

士気

1週間後の9月1日より

玄游京都会の

ネット京都展2020

始まります。

社中の方に、ネット京都展に出品してみませんか?

と聞いてみたら…。

これを、書いてみたいです…と。

? 

近代詩は書いたことないねぇ〜。

そうなんですけどぉ〜。

じゃぁ、筆買ってぇ!

はい❣️

てなこともありまして、はじめて近代詩の参加が、3名あります。

近代詩も、面白かったでしょう〜。

ハ、ハ、ハ、はい。

来月から、近代詩も競書に出してぇ。

ハイッ❣️

ネット京都展、みなさん、工夫されました。

釈文は自作だったり

書きたいものを自分で選ぶことや

はじめてサイズに書いてみたり

もちろん創作もあり

色々悩んで、書き上げました。

ネット京都展は、12月中旬頃まで、更新されます。

自分の作品が、いつ登場するかを楽しみに、2日に一度、京都会のブログをクイックしてくださいね。

もちろん、自分のだけじゃなくてクイックしてください。

よろしく❣️お頼もうします。