愛情持って

教室では、暫くは京都展の話し。
来年は、あんな作品もいいなとか。
あれは、どうして書いてあるんですかねぇとか。
もう、いまからでも来年の作品づくりを考えましょうかね。
ここへ来る車の中で、私、考えてたんです。

まず、漢字?仮名?近代詩?…。
または、こんな素敵な額にと、額から作品を考えていく。
または、サイズから。
または、紙の感じから。
詩文から。
とかとか。
選択していってもらう。
というのを、ワープロ打ちして、速いうちに渡してぇ、じっくり考えてもらう。
皆に、愛情持って、作品を作ってもらう。
?わたしも?
私も。私も。

なんて考えながら運転してたら、曲がるの忘れてて、こんこんなして細い道来ましたよ。

25回 京都展

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

半紙の部で、はとや賞 をいただきました 江見彩香ちゃん。

バスケットの練習の後、すぐに亀岡から、お父さんとお祖母ちゃんと駆けつけてくれました。

厳しいバスケットの合間をぬって、お稽古に来ています。

家族のご協力もあって、すくすくと頑張っていますよね。

弟の悠介君が野球の合宿の為、出席出来なかったので、代理人も務めました。

 

ペン字の部 江見悠介  市議会議長賞

小画仙の部 伊堂寺歩里 京都新聞社賞

半紙の部  式部優菜  特選

小画仙の部 林芙美佳  特選

伊堂寺朱里 特選

高雄夕珠  特選

ペン字の部 江見彩香  特選

松井健真  特選

藤崎公輔  特選

伊堂寺歩里 特選

 

大人の方は、9名の出品をしました。

西嶋 華園  漢字

027

堅田 青波 仮名

堅田

堀井 貴穂 近代詩

堀井

高向 子清 仮名

高向

 

白井 露水 近代詩

白井

渡邊 欣子 漢字

渡邊

鍋田 菁佳 近代詩

鍋田

小野 京園 漢字

小野

赤羽 彩苑 仮名

赤羽