脱走

手本書きを、ずーーーっとしていると、ついはついは脱走したくなるのです。

脱走と言っても出掛けるのではなく、小作品を書きたくなってしまうのです。

秋の詩文をスマホで調べて、書いて、雅印を押します。

八宝という印泥を買い求めたので、それを使いました。

買いたては押しやすいですねぇ~。